赤ちゃんのお祝い|姓名判断 開運の占い 宝珠|愛媛県松山市
HOME > 名付けの参考に > 赤ちゃんのお祝い

赤ちゃんのお祝い

赤ちゃんが生まれると、成長につれてさまざまな節目があります。正式な祝い方を知った上で、我が家流のお祝いをしてあげましよう。


お七夜(命名)

赤ちゃんの名付けと姓名判断 お七夜は生まれてから7日目に赤ちゃんに名前をつける式です。役所への名前の届出は生後14日以内となっていますが、命名式は7日目に行うことになっています。赤ちゃんの誕生と名前をお披露目し無病息災を願うためのものです。正式には、奉書紙や半紙に赤ちゃんの名前を書き、神棚や床の間に飾ります。神棚や床の間がない場合は、北や西向きを避け壁や柱に貼ります。母子ともに退院したばかりなので、お祝いは内輪で済ませるほうが良いようです。

命名書

お宮参り

お宮参り 赤ちゃんが無事に生まれた感謝と、赤ちゃんの健やかな成長を願い、その土地の氏神である産土神に初めてお参りし、氏子の一員として認めてもらう儀式です。
男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行うのが良いとされています。ただ、最近は日程にこだわらずに、生後30日前後の天気が良い日を選ぶケースが増えているようです。また、赤ちゃんが生まれた日によっては、お宮参りの時期が真夏や真冬にあたると思いますので、そういった時期を外しても構いません。地域によっては生後30~100日前後に行う事もあります。
お宮参りでは神社に参拝しお祓いをしてもらうのが一般的です。参加者は紋服を着て、父方の祖母が赤ちゃんを抱くのが標準となっています。(場合によっては、母方の祖母や父親が抱いても構いません)

お食い初め

お食い初め 赤ちゃんがここまで健やかに育ってくれた事を喜び、「赤ちゃんが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて行う行事。一般的には生後100日目、地域によっては120日目に行います。正式には、縁起のいい朱塗りの祝い膳に、飯椀(赤飯)、汁椀(吸い物)、平皿(煮物)、著などを揃え、長寿にあやかって親族の長老が、赤ちゃんに一品ずつ食べさせる真似をします。お食い初めの時期は離乳食に切り替わる頃なので、ベビー用食器セットで代用してもOK。

初誕生

赤ちゃんの満1歳の誕生日を祝う初誕生。ここまで無事に育ったお祝いと、今後の幸せを願い祝います。赤ちゃんが一生食べるものに困らないようにとの願いを込めて、「一升」のお餅を風呂敷で包んて背負わせる「背負い餅」の風習があります。
一歳の赤ちゃんにとって一升(約2㎏)のお餅はかなりの重さなので、最近は背負いやすいようにリュックに入れることも。背負い餅は、餅専門店や和菓子店などで注文を受け付けてくれます。

出産祝いのお返し

出産祝いをいただいた人に内祝を贈るのは、お宮参りが終わる生後1ヵ月頃から2ヵ月の間です。お祝いの半分から3分の1程度の金額を目安に品物を選びましょう。 定番はタオルや石鹸などの消耗品、お菓子などですが、最近は、生まれた時の体重分のお米を贈るなど、ギフトも多彩です。カードや命名札に赤ちゃんの写真やメッセージを添えると喜ばれます。 産後は赤ちゃん連れでのお返し選びは大変。そんな場合はギフトショップを利用してみては。豊富なカタログの中から用途や予算に合わせて選べるので便利です。

子供のお祝い

初節句

初節句 女の子の「桃の節句」は、3月3日にひな人形を飾って祝います。地域によっては月遅れの4月3日に祝うことも多いようです。以前は七段飾りが主流でしたが、近年は、一段の親王飾りや三段飾りなど、 コンパクトなものが人気です。節句の当日は、桃の花や菱餅、あられ、ちらし寿司などを用意し、親戚などを招いて、ひな人形の前で祝い膳を囲みます。
男の子の「端午の節句」は、5月5日に祝うのが一般的です。五月人形や武者人形、出世するようにと願いを込めた鯉のぼり、武者のぼりなどを飾ります。 また、この日には、子孫が絶えることなく繁栄することを願って、かしわ餅がふるまわれます。 ひな人形や五月人形、鯉のぼりなどは、母方の実家から贈るのがしきたりですが、最近では、両家折半で用意するなどさまざまです。

七五三

七五三 七五三は、子どもが無事にこの年齢を迎えた事を祝い、将来の幸せを願って氏神様にお参りする行事です。3歳は剃っていた髪を伸ばし始める「髪置」、5歳は、男児が初めて袴を着ける「袴着」、7歳は、女児が紐付きの着物から、大人と同じ帯を締めた着物を着始める「帯解」の儀式に由来します。 そのため、一般的に男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いします。本来は数え年で行いますが、満年齢でも構いません。年の近い兄弟がいる場合は、ひとりは数え年、もうひとりは満年齢で数えて、一緒に祝ってもよいでしょう。

お参りは日頃から参拝している神社仏閣へ。正式には11月15日に参拝しますが、最近は、その前後の家族の都合がよい休日に行うことも多いようです。お参りの後はごちそうでお祝いしてあげたいもの。外食の場合は、レストランやホテルなどの個室を予約しておけば、子ども連れでもゆっくりできます。

入園&入学

入園や入学 入園や入学となると準備も大変です。一般的に、学習机やランドセルは祖父母などから贈られることが多いようですが、どちらも長く使うものですから、丈夫で飽きのこないデザインを選びたいものです。 入園入学のお祝いに関しては、お返しの必要はありませんが、お祝いをいただいたら、子ども本人からお礼を言わせるようにしましょう。

祝い着と記念撮影

お宮参りや七五三などの祝い着をレンタルする場合は、衣装店や写真館で、写真と衣装のセットを利用すると経済的です。 着物の他にドレスやタキシードのような洋装もあり、お参りは和装で、記念撮影には洋装を加えてというケースもあるようです。撮影は、お参り当日は写真館も混み合うので、早めに前撮りするのも賢い方法。料金の早割が受けられる場合も。当日撮影するなら、着崩れのないお参り前がおすすめです。

ページトップに戻る